水回りリフォーム(風呂、トイレ、キッチン)の一連の流れ

リフォームの流れ

 水回りリフォーム(風呂、トイレ、キッチンなど)の一般的なリフォームの流れについて紹介しています。あくまでも一般的な流れですので、特殊な間取りの場合や、解体が必要になったなどは別途工事が必要なケースもあります。

浴室(お風呂)のリフォームの流れ

1日目.浴室を解体する

 床や屋根、壁などを一旦外して浴槽を外します。このときに土台にコンクリートを入れなおすなどして、土台をしっかりさせます。コンクリートを入れたら乾くまで1日程度かかりますので、1日目は大体この辺りで終わることが多いようです。

2日目.浴室を設置する
お風呂のリフォーム

 システムバスや浴槽を設置し、配管を接続します。大体お風呂だけであれば2~3日くらいでリフォーム工事は終了となりますが、脱衣所や洗面台なども含めてリフォームするならさらにもう1日かかることがあるみたいです。

トイレ(便所)のリフォームの流れ

トイレを解体する
トイレのリフォーム

 便器やタンクなどを全て取り外します。床やクロスも張り替えるのであれば、取り外し後に行います。

新しくトイレを設置する

 新しい便器やタンクを取り付けます。大体ここまでで4時間~6時間程度であることがほとんどだと思います。

洗面台のリフォームの流れ

洗面台を解体する
洗面台のリフォーム

 洗面台を解体し取り外します。床やクロスも張り替えるのであれば、取り外し後に行いますが、工期が長くなることがあります。また、洗面台と脱衣所を分ける、一つにするなどの場合、1週間かかるようなケースもあるみたいです。

新しく洗面台を設置する

 新しい洗面台を取り付けます。床やクロスは何も触らないのであれば、大体ここまでで1日程度であることがほとんどだと思います。

キッチン(台所)のリフォームの流れ

1.養生をする
キッチンのリフォーム

 色々な設備を運ぶことが多くなるので工事の前に養生し、床や壁を保護します。

2.キッチンを解体します

 レンジフードやガスコンロ、シンク、キャビネットなど全てを解体します。解体後に腐食部分などがあれば、張替えや補強などさらに工事が必要な場合も。

3.キッチンを組み立てる

 キッチンパネルをはり、レンジフードやキャビネット、シンクやガスコンロ、蛇口など必要設備を設置していきます。この後で配管を繋いだり、配線を繋いだりします。

4.隙間を埋める(コーキング)

 キッチンと壁の隙間がなくなるように隙間を埋めます。この作業をコーキングといい、ゴミや水が入り込まないようにするのに必要な作業工程です。

3.キッチンを組み立てる

 キッチンパネルをはり、レンジフードやキャビネット、シンクやガスコンロ、蛇口など必要設備を設置していきます。この後で配管を繋いだり、配線を繋いだりします。ここまでで平均して1週間~2週間ほどかかると思います。シンク交換のみなら1日で終わることもあります。

 このページではあくまでもざっくりリフォームの流れを書いただけなので、実際にこの工程でするとは限りません。リフォームをするには現地調査をしてもらわないことには何も始まらないことも多いので、あくまでも参考程度だと思ってください。

超オススメ!無料資料請求

運営者について。

 大阪人の運営者で、近々実家の家をリフォームしないといけないことになっている。今は情報収集中ですが、できれば親の金で片付けていただきたいと切に願っているところ。

Page top icon