水回りリフォームをする時期-ベストタイミングはいつ?

タイミングと砂時計

 水回りリフォームを行う時期やベストなタイミングはいつなのかを調べてみました。まぁ、結局は住んでる人が不快に感じたらそれはもうベストタイミングともいえるんですけどね、笑。

水回り周辺設備の寿命は15~20年程度

劣化の進行度合いはそれぞれ異なる
少し古い家

 使っている素材や土台、下地やその家の湿度や手入れの具合で劣化の進行具合は大きく変化するといわれていますが、一般に寿命は15~20年と考えられています。外からの見た目は特に問題なくとも、床をはがしてみたら土台が腐食して使い物にならなかったっというケースはいくらでもあるようです。

 こうなってくるとリフォームをする際に土台からやり直すことになるなど、新たな費用が発生してくるようなこともありますので、できれば早め早めのタイミングでリフォームするため、15~25年程度の周期が良いのかなぁと思います。ちなみにウチの実家はまったくやってませんし、床がふかふか浮いてる感じがするので、たぶん・・・腐食しまっくってると思います・・・滝汗。

省エネやエコ、快適性を求める

最新設備は省エネでエコ
快適でエコな家

 家電なんかでイメージしてもらうと分かると思うのですが、最新の設備は省エネです。10~20年前のものと今年のものとでは雲泥の差があるくらいエコ具合が違います・・・。そもそも省エネ設計だったり、汚れがつきにくいので掃除の手間が少ないなど、この辺りは光熱費としてあらわれてくるかと思います。

快適さが違う

 上でも少し書きましたが、掃除がしやすい、収納力が違う、キレイ、汚れにくいなど、設備を一新することで一手間も二手間も変わってくることがありますので、設置後15年くらいからリフォームを考え始めると良いのかもしれませんね。ウチの実家は・・・ね・・・もう何年だあれ・・・。

超オススメ!無料資料請求

運営者について。

 大阪人の運営者で、近々実家の家をリフォームしないといけないことになっている。今は情報収集中ですが、できれば親の金で片付けていただきたいと切に願っているところ。

Page top icon