車椅子で畳の上は大丈夫?フローリング対応は必要?不要?

 介護リフォームを検討している当サイトですが、畳からフローリングへのリフォームは必須なのかどうか自体を疑問視して調べてみました。畳のままで車椅子でも良いんじゃないの??っという発想なわけですが、どうなんでしょうか?調べてみました。

車椅子での介護

普通の畳そのままだとさすがにNG

 まぁ、この辺りは想像できるかと思います。1度や2度くらいだと畳もそれほどダメージを受けないかと思うのですが、毎日ともなると畳と車椅子は相性が悪いですね。あっという間に畳が傷んでしまって、ボロボロになってしまうみたいですね。

 では、何らかの工夫をすれば、リフォームまでせずとも何とかできる可能性があるのではないか?っと調べてみました。

車椅子対応の畳がある

 車椅子対応というだけでなく、取り外しやすく、丸洗いできる介護用の畳というものが販売されているみたいですね。楽天市場でも販売されているみたいです。

 ただ、少しばかり問題というかなんというかがありまして、上のリンク先から楽天市場に入って確認してもらったら分かるんですが、これがまたなかなかに良い値なんですよね、苦笑。まぁ洗えるという点から考えると、普通の畳よりいいですし、車椅子も対応となると良いはずなんですが・・・。ちょっと・・・これじゃないという気もします。

畳の上にウッドカーペットを敷く

 これ、車椅子で普通に生活されている方のブログなんかを拝見していると、なかなかに高評価みたいですね。あまりにお安いウッドカーペットだとダメとかそういうことはあるかもしれませんが、リフォームせずに済ますためにカバーをするという発想で行くならウッドカーペットが最適みたいですね。

 他にもコルクマットとかカーペットとか色々あるかと思うのですが、絨毯っぽいものだと車椅子が重くなりますし、コルクマットも結局は傷みやすそうなので、やはりここはウッドカーペットなのかなと思います。お値段もリフォームと比較してもかなりお安い価格なので、これは結構オススメかもですね。

このページをまとめてて思ったこと

真実が分からなくて困る

 リフォームをせずとも対応できる方法があるならこれもまた一つの手段かと思います。ただ、本人に介護度認定があったりする場合、介護リフォームだと介護保険が使えるケースもあるため、自己負担額が1~2割になることを考えるとリフォームしてもさほど金額的には変わらないようなこともあるのかなと思います。

超オススメ!無料資料請求

運営者について。

 大阪人の運営者です。基本、廊下(板)と畳がほとんどの実家のリフォームを考えています。親の年齢から見ても、介護的視点も含めといた方が良いよね・・・。

Page top icon